CONTENTS
アルバム
証明写真
あるばむーちょの小部屋
会社概要
個人情報保護方針
リンク集
お問合せ
アクセス

 

プライバシーマーク
有限会社 サンクス リソースは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)のプライバシーマーク付与認定を受けています
撮影時の心得帳   あるばむーちょのひとりごと   DTP講座   カメラ講座

■スーツ・シャツ・ブラウス

サイズが小さい

 

■自分の体に合ったものを着用しましょう
人に借りる際はよく似た体型の人が良いでしょう。
特に肩・首周り。
体に合っていないと変な場所にシワができて写ってしまいます。

<写真>
上着のサイズが小さいので、襟まわりが不自然に広がってしまっています

 

■髪型・表情等

・その場で急には決められないと思います。予め自分で研究して決めておきましょう。
→悩んだら就職部課に相談してみて下さい。
・男性の方はネクタイの結び方の練習をしておきましょう。

 

■撮影当日

開襟
シャツのボタンは一番上まで

 

■シャツ・ブラウスの第一ボタンは閉めましょう。
開襟ブラウスは除きますが、開襟仕様でないものを開襟として使用すると、襟元がだらしなく見えるので好ましくないでしょう。
シャツのボタンは一番上まで留めましょう。そのとき首周りに余裕がありすぎるとだらしなく見えてしまいます。ぴったり目のものが引き締まって見えてよいでしょう。

■開襟ブラウスは襟をジャケットの外側に出しましょう

■ネクタイがゆがんでないかチェックしましょう。

■ジャケット及びスーツの一番下のボタンは外しておきましょう。
シワが出ないための工夫です。
姿勢、肩、首の位置はカメラマンが指示してくれます。少ししんどいかもしれませんが、少しでもよく写るためと思い、しばらくの間ガマンしましょう。

 

惜しい。ネクタイが曲がってしまっています。
 
よい例です。
 
よい例です。

 

Copyright © 2006 Thanks Resource. All Rights Reserved.